今日の国内市況:株価は反落、債券堅調-ドル102円台でもみ合い

東京株式相場は4日ぶりに反落。米国の雇用 低迷が個人消費に与える悪影響を警戒し、トヨタ自動車が終値で4日ぶりに 5000円を割り込むなど自動車株中心に下げた。自動車株には、アナリストによ る弱気判断が相次いでいることも逆風。電機や機械株も安く、需要減速や原料 コスト上昇が懸念された鉄鋼株の下げもきつい。米雇用統計を控え、売買高は 低調だった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。