ウォルマートは買い、ゴールドマンは売りか-景気低迷の中にも好機

最近の米ウォール街での最良の取引は、小売 り最大手ウォルマート・ストアーズなど米景気回復に伴う増益が期待できる企 業を買い、ゴールドマン・サックス・グループなどサブプライムローン(信用 力の低い個人向け住宅融資)危機で打撃を受けた金融機関を売ることかもしれ ない。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。