債券は堅調、米債高や株反落で買い戻し優勢―米雇用統計待ちも(終了)

債券相場は堅調(利回りは低下)。前日の米 国債相場が反発したことや、日経平均株価が反落したことを受けて、円債市場は 買い戻しが優勢となった。もっとも、日本時間の今晩に市場で注目度の高い米雇 用統計発表を控えて様子見気分が強く、取引は低調となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。