東京外為:ドルもみ合い、米雇用弱含み警戒で上値重い-実需の買いも

午前の東京外国為替市場ではドル・円相場 が1ドル=102円台前半から半ば近辺でもみ合った。この日は米国の景気動向を 見極める上で注目される雇用統計の発表を控え、弱含み警戒感からドルの上値 は重い。半面、この日は決済集中日にあたることから、国内輸入企業を中心と したドル買い・円売り需要が観測され、ドルの下値は限定的となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。