ダイハツ株が大幅続落、ゴールドマン証格下げ-原価減は時価反映済み

トヨタ自動車の子会社であるダイハツ工業の 株価が大幅続落。一時、前日比76円(6.5%)安の1098円まで下げた。取引時 間中に1100円を割り込むのは、3月19日以来。ゴールドマン・サックス証券で は3日付で、ダイハツ工の投資判断を従来の「買い/中立」から「中立/慎重」 に引き下げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。