米S&P500企業の第1四半期:3期連続で減益の公算-銀行損失響く

米大企業の第1四半期決算は、3四半期連続 の減益になった可能性が高い。サブプライムローン(信用力の低い個人向けの 住宅融資)問題に伴う銀行の業績悪化や、個人消費の鈍化が背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。