日写印が連日高値、タッチパネルの需要拡大で-1年5カ月ぶり水準

特殊印刷を手掛ける日本写真印刷の株価は、 連日で52週高値を更新。一時は前日比80円(1.6%)高の5060円まで買われ、 2006年11月9日以来、約1年5カ月ぶりの水準を回復した。携帯電話タッチ パネル向けが伸長、向こう2-3年間は増産効果も働き、年率15%超の営業増 益を継続できる見通しだ。新興国などでタッチパネル付き携帯電話機が人気化 していることもあり、業績期待を背景に上値を追う動きが顕著になってきた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。