米国債:10年債小幅高、3カ月連続の雇用減になるとの思惑で買い

米国債市場で10年債が小幅ながら3日ぶ りの反発。4日発表の雇用統計で非農業部門雇用者数が3カ月連続で減少する との思惑から買いが優勢になった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。