日本株(終了)午後伸びて連騰、商社や原発高い-政策にらみ買い戻し

東京株式相場は、先物主導で午後に上げ幅 を拡大して続伸。日経平均株価の終値は、約1カ月ぶりの高値水準を回復した。 過度の金融不安の後退や円安傾向など外部環境に対する警戒が和らぐ中、原油 高などを背景に三菱商事などの大手商社株、住友金属鉱山といった資源関連株 中心に上昇。株式市場の安定も保有資産に追い風となる保険株は、東証1部の 業種別上昇率で首位。東芝や日本製鋼所など原子力発電関連も急伸した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。