債券は小幅安、米債下落や株続伸が圧迫―物価連動債入札は無難(終了)

債券相場は小幅安(利回りは上昇)。前日の 米国債相場の下落に加え、日経平均株価が大幅続伸したことに圧迫され、円債市 場では先物や中期債を中心に売りが優勢となった。一方、超長期債や長期債は堅 調。この日実施された10年物価連動債入札は、無難な結果と受け止められた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。