トリケミ研株は一時ストップ高で高値、政策目的でJSRが大量保有

半導体製造用の化学薬品を製造販売するト リケミカル研究所株価が午後の取引で一段高。一時前日比100円(14%)高の 805円と、ストップ高(制限値幅いっぱいの上昇)を付けて昨年8月以来の上 場来高値を更新した。合成ゴムや機能化学品などを手掛けるJSRが、政策投 資目的でトリケミ研株式を大量取得していることが分かり、今後の関係強化の 可能性などを材料視した買いが優勢となった、終値は11%高の783円。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。