資生堂:営業利益率10%以上、海外強化とブランド集中-新中計(3)

化粧品国内最大手の資生堂は3日、2008年 度から始まった新3カ年中期経営計画を発表した。ブランドの絞り込みをさらに 進めて経営効率化を図るほか、海外事業も一段と強化し、3年以内に営業利益率 10%以上を目指す。ROE(株主資本利益率)は営業利益率プラス1-2ポイン トの水準とする。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。