資生堂:営業利益率10%以上、海外強化とブランド集中-新中計(3)

化粧品国内最大手の資生堂は3日、2008年 度から始まった新3カ年中期経営計画を発表した。ブランドの絞り込みをさらに 進めて経営効率化を図るほか、海外事業も一段と強化し、3年以内に営業利益率 10%以上を目指す。ROE(株主資本利益率)は営業利益率プラス1-2ポイン トの水準とする。

売上高は年平均4-5%の増収、8000億円以上の目標を掲げる。同社は中 国などの海外市場の拡大に注力してきており、向こう3年で海外の売上高比率を 40%超に引き上げる(07年度は35-36%の見込み)。前提為替レートは1ドル =100円、1ユーロ=155円、1元=14.5円。

同日会見した前田新造社長は、世界の化粧品市場について「06年実績で約 23兆円、年率約5%の伸びだった」と説明。その上で「今後は米サブプライム (信用力の低い個人向け)ローン問題の影響で同市場も少なからず逆風を感じる だろう。それでも4%ほどの成長はある」とみており、海外売上高を10%伸ば したいとの考えを示した。

国内市場ブランドをさらに絞り込み

国内市場については「この10年、約1兆5000億円でほとんど変化がない。 成熟しているとの言葉がぴったり合う。この成熟状態が続くなかで、われわれと しては売上高を1-2%程度、高めていける」と述べた。国内ブランド数はこれ まで35から27に減らしてきたが、さらに21に絞り込み、マーケティング効率 を高める。

株主還元については、配当金と自社株買いの合計額が純利益に占める割合を 示す総還元性向60%をこれからも継続する。

10年後の売上高は1兆円を超え、その半分以上を海外で占める方針。また、 少なくともROEは15%以上、営業利益率は12%以上と世界の競合と肩を並べ るレベルを継続的に確保できる会社を目指すとしている。

資生堂の株価は前日比30円(1.1%)安の2695円(午後1時43分現在)。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE