日本株は小幅続伸、大手商社や原発関連がにぎわう-全般方向感乏しい

午前の東京株式相場は小幅続伸。金融不安 の後退や円安傾向から外部環境に対する警戒感がやや後退する中、原油高など を背景に三菱商事などの大手商社株、住友金属鉱山、住友石炭鉱業といった資 源関連株が上昇。東芝や日本製鋼所など原子力関連も、売買を伴って急伸した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。