日本株:資源や原発関連にぎわう、自動車は下げ-全般方向感乏しい

午前の東京株式相場は、主要株価指数が前 日終値を挟んで方向感に欠ける展開。金融不安の後退や円安傾向が下値を支え る半面、景気や企業業績の不透明感や米雇用統計への見極めなどが上値を圧迫 している。原油高から大手商社など資源株が高く、東芝や日本製鋼所など原子 力関連株は活況。半面、業績懸念からトヨタ自動車など自動車株は安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。