バーナンキ米FRB議長:UBS増資計画は「非常に勇気付けられる」

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB) 議長は2日、上下両院合同経済委員会での質疑応答で、次のようにコメントした。

◎スイスの銀行大手UBSの増資計画について:

「UBSは一例だ。われわれはUBSの問題をかなり前から認識していた。 ただ、スイスの銀行であるし、スイス当局が主な責任を取った」

「UBSの損失に対する適切な対応は増資になるとみられるが、UBSはま さにそれを実施した。実際、自ら出向いて大規模な増資ができたことには非常に 勇気付けられたし、問題を抱えるどんな金融機関に対してもわれわれが促したい ことだ」

◎投資銀行が資本か流動性問題のどちらに直面するかについて:

「両方に注目する必要があると思う」

「流動性は、市場で資本への懸念が高まったときに失われる傾向がある」

「ただ現在の状況では、流動性は比較的確実性の低い情報に基づいて奪われ る可能性がある。したがって、資本と流動性の両方が安定にとって重要だとわれ われは考えている」

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE