外国人の3月売り越し、過去2番目の高水準-米金融不安で5カ月連続

東京証券取引所が3日発表した3月(3-28 日)月間の投資主体別売買動向(東証・大証・名証3市場の1・2部合計)によ ると、外国人の売り越し額は1兆2982億円となり、5カ月連続で売り越した。 売り越し額は1987年10月(2兆232億円)に次ぐ20年5カ月ぶり、過去2番 目の高水準だ。米国の金融不安や景気悪化、円高などが重なったことが響いた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。