東電:08年度初の起債、1000億円-5年債は約4年ぶり、利率は上昇

東京電力が3日、同社にとって08年度初 めての国内普通社債(SB)を起債した。同日、募集活動を行う。5年債、10 年債の2本建てで、発行額は各500億円。東電は10年債を中心に社債を発行 しており、5年債の発行は04年5月の起債(500億円)以来、約4年ぶり。金 利上昇という逆風下のなかでの起債で10年債の表面利率は前回債(08年3月 5日起債)よりも上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。