JPモルガンの中空氏:社債市場の環境厳しい-米国の経済政策が焦点

JPモルガン証券の中空麻奈クレジット調 査部長は2日放送のブルームバーグテレビジョンで日本の社債市場について、 米サブプライム(信用力の低い個人向け)住宅ローン問題を背景とした金利先 高観の後退で企業の起債意欲は減退するとの見方を示した。今後は米国が打ち 出すサブプライム問題の解決策に焦点が集まるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。