町村官房長官:道路財源の一般財源化は「骨太方針」への反映必要

町村信孝官房長官は2日午後の記者会見で、 福田康夫首相が表明した道路特定財源の2009年度からの一般財源化を、政府の 「骨太の方針」に何らかの形で反映させる必要があるとの認識を示した。「骨太 の方針」は、経済財政政策の基本方針を示すために政府が毎年6月ごろに策定し ている。町村氏の発言は以下の通り。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。