米オク・ジフのマスター・ファンド、3月運用成績マイナス1%未満

米ヘッジファンド運用会社、オク・ ジフ・キャピタル・マネジメント・グループのOZマスター・ファンド の3月の運用成績は0.69%のマイナスだった。運用成績は世界の株価指 数よりは良好だった。

オク・ジフが米証券取引委員会(SEC)への2日付届出文書で明 らかにしたところによると、同ファンドの運用資産額は年初来0.8%減 少した。昨年12月31日時点では198億ドル(約2兆260億円)だった。 先進国の株式市場の指標であるMSCIワールド指数は3月に1.25%下 落、1-3月(第1四半期)には9.5%下げた。

オク・ジフは元ゴールドマン・サックス・グループのトレーダー、 ダニエル・オク氏が経営する。同社によると、傘下のファンドすべての 運用資産は2.4%減少し、328億ドルになった。

同社のOZヨーロッパ・マスター・ファンドの3月の運用成績はマ イナス0.55%だった。OZアジア・マスター・ファンドは3月がマイナ ス2.38%、年初来ではマイナス2.58%。OZグローバル・スペシャル・ シチュエーションズ・インベストメント・マスター・ファンドは3月が マイナス0.45%、年初来ではマイナス0.6%だった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE