米メリルリンチの1-3月期、1.23ドルの赤字に-KBWが予想修正

証券会社キーフ・ブリュイエット・アン ド・ウッズ(KBW)のアナリスト、ローレン・スミス氏は2日付のリポート で、米証券大手メリルリンチの1-3月(第1四半期)収益見通しを下方修正 した。資産の評価損拡大と投資銀行収入の減少見通しが理由。

スミス氏はメリルの損益が1.23ドルの赤字になると予想した。従来予想は 42セントの黒字だった。

ゴールドマン・サックス・グループのアナリスト、ウィリアム・タノナ氏 は1日付のリポートで、メリルリンチとシティグループの収益予想を下方修正。 両社が債務担保証券(CDO)関連資産で合わせて140億ドル(約1兆4000億 円)の評価損を計上するとの見通しを示していた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE