ユーシン精株が2年ぶり高値、取出ロボット好調-安定成長継続を期待

樹脂成形品の取り出しロボットで世界シェ ア首位のユーシン精機の株価が4営業日続伸。一時は前日比130円(6.1%)高 の2280円まで買い進まれ、2006年2月8日以来、約2年2カ月ぶりの高値を付 けた。携帯電話やデジタル家電の普及を背景に、主力の小型取出ロボットが伸 長しており、2011年3月期までは収益拡大局面が続くとみられている。低リス クで収益を拡大できる数少ない銘柄として、投資家の注目を集めているようだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。