中国:景気過熱阻止と物価抑制へ、同時に景気減速回避を目指す-国務院

中国国務院は、同国政府が2008年に景気過 熱防止とインフレ抑制を目指すと同時に、「景気減速は回避する」方針である ことを明らかにした。

政府のウェブサイトに1日掲載された資料によれば、中国は経済成長率 8%の達成とインフレ率を約4.5%に抑える目標を掲げている。

国務院は、政府が今年「引き締め型」の金融政策を実施し、人民元の柔軟 性を高める意向だと指摘し、温家宝首相や中国人民銀行が先に発表した声明内 容をあらためて示した。

人民銀は先月、11年ぶり高水準の8.7%に達したインフレ率の抑制を目指 し、今年2回目の預金準備率引き上げを発表した。中国の07年の成長率は

11.4%と、13年ぶりの高い伸びだった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE