イビデン株は急反発、リーマン証が強気判断-1-3月期49%安(2)

IC(集積回路)パッケージなどを手掛け るイビデンの株価が急反発し、一時前日比320円(8.3%)高の4200円まで買 われた。海外景気や円高への先行き不安がやや和らぎ、電機関連銘柄が軒並み 上げる中、リーマン・ブラザーズ証券が強気の投資判断を示したことが材料視 され、上昇力が強まった。午前終値は同270円(7%)高の4150円。

リーマン・ブラザーズ証券の越田優アナリストは1日付の英文リポートで、 イビデンの投資判断を「イコールウエート/ニュートラル」から「オーバーウ エート/ニュートラル」に引き上げた。割安感が理由。ただ、円高による悪影 響を見込んで業績予想は下方修正し、目標株価も6405円から5715円まで下げ た。このリポートは、2月27日に発表していた日本語版を英訳した内容。

会社側による08年3月期の1株利益見込み額は322円、PERは12.8倍 と過去1年間の平均22.7倍を大きく下回る。ブルームバーグ・データに登録 されているアナリスト15人による09年3月期の1株利益予想は329円。

イビデン株は、TOPIX銘柄の時価総額上位500社で構成されるTOP IX500指数の採用銘柄で、2008年1-3月期のパフォーマンスは49.4%安と、 下落率で4位だった。同3位には、イビデンと同じく米インテル向けのICパ ッケージメーカーである新光電気工業が50.8%安で並ぶ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE