コンテンツにスキップする

米PE2社、クリア・チャンネル買収融資でシティなどに返答を要求

米プライベートエクイティ(未公開株、P E)投資会社ベイン・キャピタルとトーマス・H・リー・パートナーズ(TH L)は1日、ラジオ局運営大手クリア・チャンネル・コミュニケーションズを 約192億ドル(約1兆9500億円)で買収する案件の融資について、金融機関 に3月26日付で両投資会社が出した提案への返答を求める書簡を送付した。

両社の代理を務める法律事務所ロープス&グレイは同書簡で、この買収の 完了の障害となっているのは主に、金融機関側が以前合意した融資条件を変更 しようとしている点だと指摘した。ブルームバーグ・ニュースが書簡の写しを 入手した。

融資に合意していたシティグループ、ドイツ銀行、モルガン・スタンレー、 クレディ・スイス・グループ、ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グ ループ(RBS)、ワコビアの6社は3月31日に、訴訟よりも融資条件の交渉 で合意を望むとする文書を発表。これを受けて、PE2社が書簡を出した。

ベインとTHLは、ニューヨーク、テキサス両州の州裁判所に、買収完了 のために200億ドル余りの融資履行を求めてこれら金融機関を提訴している。 両社によれば、金融機関側は6-8年で償還される融資を約束していたにもか かわらず、現在は同期間が3年だと主張しているという。

クリア・チャンネルの広報担当者、ミシェル・クラーク氏はコメントを控 えた。

クリア・チャンネル株は同日のニューヨーク市場で72セント(2.5%)安 の28.50ドルで終了。同株価は、投資会社2社が提示した買収価格(1株当た り39.20ドル)を27%下回る水準。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE