債券相場は続落、米債安や株高で売り先行-大型増資で金融不安後退

債券相場は続落(利回りは上昇)。東京先物 市場の中心限月6月物は、前日比30銭安の139円50銭で取引を開始した。前日 の米国市場では、金融機関大手の資本強化策による金融不安後退や指標改善を好 感して株価が大幅高となった一方、債券が売り込まれた。こうした地合いを引き 継ぎ、日経平均株価が続伸し、円債市場は売り先行で始まった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。