確定拠出型の年金制度は個人などにも拡大を-諮問会議で民間議員提案

政府の経済財政諮問会議(議長:福田康夫 首相)で民間議員は、株式市場の活性化と個人の資産形成を促すため、現在企 業単位での拠出に限られている確定拠出年金制度を個人などに拡大するべきで あるとの内容を盛り込んだ改革案を提出した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。