3月の米既存店売上高:減少かほぼ横ばいに-ICSCが再び下方修正

米国際ショッピングセンター評議会(ICS C)とUBSセキュリティーズは1日、3月の米既存店小売売上高見通しを引き 下げた。消費者が雇用の安定について懸念している上、過去25年間で最悪の住 宅市場低迷を受け、衣料品への支出を減らしたためだ。3月の見通しの下方修正 はこれで2回目。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。