米セル・ジェネシス、約1年ぶり大幅高-前立腺がん薬で武田薬と契約

1日の米株式市場では、米医薬品メーカー、 セル・ジェネシスの株価が急伸し、約1年ぶりの大幅上昇となった。同社の前立 腺がんワクチン「GVAX」を全世界で開発・販売する契約を、武田薬品工業と 結んだとの前日の発表が好感された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。