米リーマンが英子会社の新規サブプライムローンの停止を検討-FT

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は 3月31日、米証券大手リーマン・ブラザーズが傘下の英サブプライムローン (信用力の低い個人向け住宅融資)会社2社の新規融資の停止を検討していると 報じた。

またFTによると、リーマンは信用履歴に問題があり、固定金利の期間が終 了するローンの借り手に対して圧力を一段と強めている。リーマンはこの問題に ついてコメントを控えたという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE