豪ドル:下落、金利据え置きのRBAの声明を嫌気-NZドルも下落

1日の外国為替市場では、オーストラリ ア・ドルが下落。オーストラリア準備銀行(RBA)が、現行の政策金利の水 準はインフレ抑制の上で十分である可能性を示唆したことが材料視された。

豪ドルは米ドルに対し続落。この日、RBAは政策金利であるオフィシャ ル・キャッシュレートを7.25%に据え置いた。スティーブンスRBA総裁は、 政策金利の水準が「需要の伸びを鈍化させるのに役立っており、インフレ圧力 の緩和につながっている」と指摘した。

スタンダード・チャータードのシニア為替ストラテジスト、トーマス・ ハー氏(シンガポール在勤)は、RBAは「今回の声明で、多少ハト派色を強 めた」と指摘、「政策金利が天井を打った合図だ。従って、豪ドル売りが若干 見られるのは自然だ」と語った。

豪ドルはシドニー時間午後5時10分(日本時間同3時10分)現在、1 豪ドル=0.9095米ドルと、政策金利据え置き発表直前の0.9146米ドルから 下落。アジア時間前日遅くは0.9136米ドルだった。一時、0.9089米ドルと 3月25日以来の安を付けた。

ニュージーランド(NZ)ドルも続落し、1NZドル=0.7845米ドル (アジア時間前日遅くは0.7895米ドル)。一時、0.7828米ドルと2月14日 以来の安値を付けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE