UBS債の保証リスクが低下、増資計画を好感-CDS取引が示唆

1日のクレジット・デフォルトスワップ(C DS)市場で、スイスの銀行最大手UBSの債務の保証コストが低下した。同 行が150億スイス・フラン(約1兆5000億円)の増資計画を発表したことが好 感された。

JPモルガン・チェースによると、UBS債のCDSスプレッドは5ベー シスポイント(bp、1bp=0.01%)低下し140bp。CDSスプレッド1b pは債務1000万ユーロに対する保証コスト1000ユーロを意味する。スプレッ ド低下は信用の質が改善したとの認識を示唆する。

-Editors: Michael Shanahan, Andrew Reierson

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544

akinoshita2@bloomberg.net Editor:Masami Kakuta 記事に関する記者への問い合わせ先: Abigail Moses in London (44) 207 673 2118 or Amoses5@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Gavin Serkin at +44 207 673 2467 or gserkin@bloomberg.net.

企業別ニュース:

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE