米リーマンの30億ドルの増資:資金不足への懸念払拭につながるか

米証券4位のリーマン・ブラザーズ・ホール ディングスは3月31日、新株発行により、少なくとも30億ドル(約3000億円) を調達すると発表した。同社は、今年に入って42%の株価下落を招いた資金不 足懸念の払拭(ふっしょく)につながるとみている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。