台湾の加権指数、1-3月は0.8%高-世界の主要市場で唯一の上げ

台湾株式市場の加権指数は1-3月(第1 四半期)に0.8%高と、世界の主要20市場の指標で唯一の上昇を記録した。3 月22日の台湾総統選挙で、中国との関係改善を打ち出していた野党候補が当選 するとの見通しから、対中投資・旅行の規制緩和が進むとの期待が広がってい た。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。