豪中銀:政策金利を7.25%に据え置き-信用収縮の影響見極め(2)

オーストラリア準備銀行(RBA)は1日 の政策決定会合で、政策金利であるオフィシャル・キャッシュレートを7.25% に据え置いた。世界的な信用収縮や四半期ベースでは過去20年で最悪となった 国内株式相場の下落、消費者信頼感の悪化などの影響を見極める意向だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。