日本株:輸出や金融中心に反発、金融市場の安定期待-短観反応も限定

2008年度入りした午前の東京株式相場は反 発。米国での金融規制改革案が金融市場の信頼感回復につながるとの期待から、 トヨタ自動車やソニーなど輸出関連や銀行株中心に高い。日本銀行の企業短期 経済観測調査(短観)の悪化から朝方は伸び悩む場面も見られたが、すでに相 場水準に反映済みとして、次第に幅広い業種で買いが優勢となった。新日本製 鉄など鉄鋼株は大幅高。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。