スイスのUBS:オスペル会長退任へ、評価損は190億ドル(2)

スイスの銀行大手UBSは1日、マルセル・ オスペル会長が退任すると発表した。同社は2008年1-3月(第1四半期)に 190億ドル(約1兆9000億円)の評価損を計上し、同四半期が赤字となること も明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。