米社債発行額:1-3月期は32%減、信用市場混迷や景気後退懸念で

ブルームバーグがまとめたデータによると、 第1四半期(1-3月)の米社債売り出し規模は少なくとも、過去9年間で最 低だったことが明らかになった。信用市場の混迷や米景気がリセッション(景 気後退)に入ったとの懸念で社債需要が減少した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。