債券はもみ合いか、短観受け高寄り後は戻り売り-10年入札見極め(2)

債券相場はもみ合いとなりそうだ。前日の米 国市場で債券相場が上昇したうえ、朝方の日銀短観(企業短期経済観測調査)の 3月調査発表で景況感の悪化が示されれば、買い先行で始まる見通し。ただ、材 料出尽くし感が出て、高値圏では戻り売りに押されるとみられている。きょう実 施の10年債入札結果を見極めたいとのムードも強まりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。