NY金:下落、商品値下がりでインフレヘッジ需要が減少-921.50ドル

ニューヨーク金先物相場は下落。商品相 場の下落でインフレヘッジ策としての貴金属需要が後退した。

商品19銘柄で構成するロイター・ジェフリーズCRB指数は最大2.3%下 落。特に大豆や小麦、原油が売られた。

アーチャー・ファイナンシャル・サービシズ(シカゴ)の商品アナリスト、 スティーブン・プラット氏は、「商品相場の下落は、これまで金の支援材料に もなっていたインフレ圧力の一部を和らげた可能性がある」と語った。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6月限は 前週末比15ドル(1.6%)安の1オンス=921.50ドルで取引を終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE