米GMの中国合弁:青島に工場開設、新モデルの小型商用車投入へ

自動車の米ゼネラル・モーターズ(G M)は31日、中国で設立した上海汽車集団(SAICモーター)との合弁企 業、上汽通用五菱(SAIC-GM-Wuling)が中国北東部の青島に新 工場を開設したことを明らかにした。中国では乗用車や小商車への需要が急拡 大している。

GMが電子メールを通じで発表した文書によると、上汽通用五菱にとって 同工場は青島では2カ所目となる。年間生産能力は最大30万台。当初は新モ デルの小型商用車(排気量1200cc)を生産するという。

上汽通用五菱が「五菱」ブランドで展開するミニトラックおよびミニバン の販売台数は昨年55万2788台。同社は中国小型車市場で43%のシェアを持つ。

GMは上汽通用五菱の権益34%を保有している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE