債券は軟調、日銀短観や10年入札控えヘッジ売り―超長期債安い(終了)

債券相場は軟調(利回りは上昇)。前週末 の米国市場で、株安・債券高となった地合いを引き継ぎ、買い先行で始まったも のの、あすの日銀短観(企業短期経済観測調査)3月調査の発表や10年債入札 を控えて、警戒感が強まり、大引けにかけてヘッジ売りや調整売りに値を崩した。 現物市場では超長期債を中心に売りが膨らんだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。