東京外為:円が下落、年度末絡みの円売り需要を意識-99円台後半

午前の東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=99円台後半と前週末のニューヨーク時間遅くに付けた99円23銭 から円が下落している。今週は米国でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FR B)議長の証言や雇用統計経の発表など重要イベントが目白押しで、波乱含み の展開が見込まれる一方、年度末で流動性が低下している状況の中、足元では 需給面での円売りが意識されている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。