東京外為:円が下落、年度末絡みの円売り需要を意識-99円台後半

午前の東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=99円台後半と前週末のニューヨーク時間遅くに付けた99円23銭 から円が下落している。今週は米国でバーナンキ米連邦準備制度理事会(FR B)議長の証言や雇用統計経の発表など重要イベントが目白押しで、波乱含み の展開が見込まれる一方、年度末で流動性が低下している状況の中、足元では 需給面での円売りが意識されている。

ソシエテ・ジェネラル銀行外国為替営業部の湯本健一ヴァイスプレジデン トは、「年度末は基本的に仲値需要が高く、さらに言えば外貨買い意欲が強い と言うのが通例の動き」と指摘。その上で、仲値以降は需給が減るため、「凪 (なぎ)相場」となるとみている。

一方、夕方には実質的に新年度入りとなり、「企業の中には新規投資する ところもある」(湯本氏)とみられる。ただ、「普段は外貨買い・円売りのオ ペレーションが大きいが、今回は機関投資家らの対米、対ドルの依存度が低下 しており、ドルの先安観、金利先安観もあるので、少し地合いが違いそう」(同) といい、年度末明け後の投資家らの動向が注目される。

年度末で需給主導

週明け早朝の取引では円買いが先行し、ドル・円は1ドル=99円台前半か ら一時、98円82銭(ブルームバーグ・データ参照、以下同じ)まで円が上昇。 しかし、その後は徐々に円売りに押される格好となり、午前9時過ぎには99円 73銭まで円が下落。ユーロ・円も1ユーロ=156円台ちょうど付近から157円 24銭まで円が値を下げている。

前週末に続き、この日は外貨建て投信の新規設定が多く予定されており、 目先は国内投資家からの円売り需要が円の上値を抑える要因となる可能性があ る。一方、朝方発表された2月の日本の鉱工業生産指数は前月比1.2%低下と事 前予想(同2%低下)を上回ったが、市場の反応は限られた。

みずほ信託銀行資金証券部の金子和広調査役は、きょうの東京時間日中は 「期末に絡んだ売買で少し上下するような感じで、方向感に乏しい展開になる」 と予想。一方、4月入り後の相場については、まだまだドルの下値リスクが警 戒されるものの、「今週はいろいろとイベントがあるので、内容次第でドルは 上下どちらにも動く可能性がある」と指摘している。

米イベントが目白押し

米国では今週、この日発表される3月のシカゴ購買部協会景気指数を皮切 りに、ISM(米供給管理協会)の景況指数、雇用統計と主要経済指標の発表 が相次ぐ。また、31日にはポールソン米財務長官が金融市場について講演を行 うほか、2日にはバーナンキFRB議長が米上下両院合同経済委員会(JEC) で証言する予定で、ドルにとっては材料に事欠かない一週間となる。

また、国内では1日に日銀短観の公表があり、予想以上に弱い内容となれ ば、日銀の利下げ観測が台頭する可能性がある一方、日本株が下落すれば、投 資家のリスク許容度の低下につながり、円の買い戻しを誘発する可能性もある。

ソシエテ・ジェネラル銀の湯本氏は、「ポジション的にも軽くなっており、 さあこれからというところなので、マーケットは指標の強弱にダイレクトに反 応する」と予想。その上で、「地合いとしてもともとドル売りなので、それが どの程度行くかということにはなるが、ドルの上値の重たい状況は続く」とみ ている。

ユーロ圏のインフレ懸念

ECB政策委員会メンバーのウェーバー独連銀総裁は28日、ルクセンブル クで講演し、現行の政策金利4%はインフレ抑制に役立っているものの、物価 安定という中銀の目標が脅かされれば「行動する」と表明。28日に発表された 3月の独消費者物価指数は前年同月比3.2%上昇と、ECBの目安を13カ月連 続で上回った。

この日は欧州で2月のユーロ圏マネーサプライ(M3)や3月のユーロ圏 消費者物価指数が発表されるが、予想を上回る伸びとなれば、ECBの早期利 下げ観測が一段と後退し、欧米金利見通し格差からユーロ買い・ドル売りが進 む展開も予想される。

ユーロ・ドルは1ユーロ=1.5800ドル前後で週明け早朝の取引を開始する と、一時1.5815ドルまでユーロ買いが進んだが、その後は1.57ドル後半まで 値を戻している。

--共同取材:吉川淳子 Editor:Tetsuzo Ushiroyama、Hidenori Yamanaka

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 小宮 弘子 Hiroko Komiya

+81-3-3201-2371 hkomiya1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo

+81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry

+852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE