東京外為:円下落、年度末絡みの需給で一時100円台―仲値後は様子見

午前の東京外国為替市場では、円が下落。 年度末に絡んだ円売り需要を背景に、対ドルでは一時、1ドル=100円台前半と 前週末のニューヨーク時間遅くに付けた99円23銭からは1円近く円安が進ん だ。ただ、4月入り後の相場展開が注目される中、売り一巡後は様子見姿勢が 広がり、円はもみ合う格好となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。