重荷背負うバーナンキFRB議長に救いの手も-ECBと英中銀から

世界経済と金融市場を救うという重荷のほ とんどをこれまで背負ってきたバーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長 に、救いの手が差し伸べられるかもしれない。

信用市場の混乱が9カ月目に入り、イングランド銀行のキング総裁やトリシ ェ欧州中央銀行(ECB)総裁は融資を刺激し、流動性を拡大させる新たな措置 を取る瀬戸際に立たされていると、ロイズTSBグループやロイヤル・バンク・ オブ・スコットランド・グループ(RBS)のエコノミストは指摘する。危機が 続けば、その次の手段は利下げかもしれないという。

モルガン・スタンレーの共同チーフエコノミスト、ヨアヒム・フェルズ氏(ロ ンドン在勤)は「世界的な金融緩和に近づいている」と語る。

ロイズは、英中銀が受け入れる融資担保の種類拡大を予想する。一方RBS は、ECBが銀行間市場にさらに資金を供給するとみる。こうした措置が取られ れば、バーナンキFRB議長が今月敷いた布石を欧州の2大中銀が脇から固める 形となる。

バーナンキ議長は可能な限り多くの支援を必要としている。過去20年で最 も速いペースでの利下げ実施とともに、同議長は融資拡大に向けてFRBがバラ ンスシート上に抱える7000億ドル(約69兆2060億円)相当の米国債の最大 6割を貸与する約束をした。米証券会社ベアー・スターンズの救済では、流動性 がなくなった証券のために290億ドルの負担も行う。

ロンドンを拠点とするヘッジファンド、ECUグループのチーフエコノミス ト、ニール・マッキノン氏は「欧州の中銀がもっとFRBのような対策を取れば、 米金融当局の危機乗り越えを多いに助けることになる。米国だけが解決すべき問 題ではなくなっている」と語る。

バランスシート

ただ、FRBと同じように流動性の低い証券を担保として受け入れ、信用条 件を緩めれば、英中銀もECBもFRBがすでに直面しているのと同じ難題を抱 えることになる。バランスシート、究極的には国民から集めた税金を損失の可能 性にさらすという問題だ。

ただ、今のところ、英中銀のキング総裁もECBのトリシェ総裁も批判を受 けているのは、警戒が強過ぎるという点であって、警戒がなさ過ぎるという点で はない。

なかでも最も対応が遅いのはキング総裁だ。英中銀の金融政策委員会(MP C)元メンバー、ディアンヌ・ジュリアス氏は、同中銀は米金融当局やECBほ ど銀行間市場に資金を供給せず、さまざまな資産担保証券を資金入札で受け入れ る対応が遅いと指摘する。英国の銀行は利下げを受けても貸出金利を低下させず にいるため、同国の住宅ローン金利は約7年ぶり高水準に跳ね上がり、18年ぶ り最悪の状況にある住宅相場にさらなる重しとなっている。

ロイズTSBのエコノミスト、ケネス・ブルックス氏(ロンドン在勤)は、 英中銀も住宅ローンを担保とした資産を受け入れ始め、通常のレポ外で借り入れ る銀行に対する金利を下げる可能性があると予想。イングランド銀は「これまで 非常に慎重だったが、一層の対応を取る必要がある」と語る。

ECB

ECBのトリシェ総裁は信用危機が始まった昨年8月時点で948億ユーロ (約14兆9700億円)を金融機関向けに貸し出している。ECBは規定により、 米金融当局よりもより幅広い金融機関に対する融資や、より多様な担保受け入れ が可能となっているためだ。先週は資金供給を拡大させており、さらに救済策を 強化する兆しが出ている。

それでもRBSのユーロ圏担当チーフエコノミスト、ジャック・カイユ氏は、 銀行間の翌日物貸出金利低下など、ECBがより大胆な措置を取る必要があると 指摘。同中銀が間もなく、より大量の資金を銀行間システムに注入するだろうと 予想するタレット・プレボンのロンドン在勤エコノミスト、レナ・コミレバ氏は、 その理由として、「流動性状況の悪化は需給に基づいている」と説明する。

利下げ見通し

流動性対策の先に見えるのは米金融当局が実施したような大胆な利下げだ が、インフレ率はユーロ圏で14年ぶり高水準、英国で9カ月ぶり高水準のため、 ECBの政策金利は昨年6月以来、4%で据え置かれている。英中銀は昨年12 月から2回の利下げを実施したが、政策金利は5.25%と、先進7カ国中で最も 高い。

ブルームバーグ・ニュースのまとめたエコノミスト24人の予想中央値によ れば、ECBは年末までに政策金利を3.5%へ、15人を対象に実施した調査中 央値によれば、英中銀は4.5%へ、それぞれ引き下げると予想される。米金融 当局は昨年9月以降3ポイント引き下げ、政策金利は現在2.25%。

欧米間の金利差が縮まらなければ、米国のインフレを高進させる一方で同国 外の経済も減速、金融機関の痛みが増すと、ドイツ銀行は今月24日のリポート で指摘している。そうした見方から、一部のアナリストらはECBと英中銀が早 期に利下げすると予想。モルガン・スタンレーのフェルズ氏は英中銀が4-6月 期に、ECBがその後年内にそれぞれ利下げするとみている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE