【個別銘柄】丸紅、エルピーダ、ミルボン、KDDI、駒井鉄、不二越

31日午前の材料銘柄は以下の通り。

丸紅(8002):6.2%安の729円。29日付の日経新聞は、都内の医療コン サルティング会社アスクレピオスが、偽造された丸紅の保証書を利用して投資 を募り、米大手証券リーマン・ブラザーズの国内関連会社が出資した約240億 円が回収不能になったと報じた。丸紅は同日、会社として一切関与しておらず、 すでに解雇した契約社員の行為はあくまで個人的なもの、とのコメントを発表 した。アスクレピオスの親会社LTTバイオファーマ(4566)は同15%安の 1万1020円とストップ安売り気配。また偽造保証書に関与している可能性が ある投資事業組合への出資事実を明らかにしたフィンテックグローバル (8789)も、同15%安の1万810円とストップ安売り気配。

エルピーダメモリ(6665):2.2%高の3320円。坂本幸雄最高経営責任者 (CEO)はパソコン(PC)メーカーとの相対取引交渉で、4月からDRA Mの20%値上げを求める方針を明らかにした。1年以上続いたメモリー不況 は、需要回復で市況は底を打ったと判断した。

ミルボン(4919):午前終値は前週末比10%高の2180円。ヘアケア製品 が高付加価値品を中心に売り上げを拡大、染毛剤も新製品効果などで想定を上 回って推移している。28日に公表した第1四半期(07年12月-08年3月) の業績が市場予想を上回ったため、利益率向上を評価した買いが優勢となった。

KDDI(9433):4.9%安の60万8000円。京セラ製携帯電話端末の電 池パックの不具合と交換を28日に発表。31日付の読売新聞が、3.9世代でほ かの携帯電話会社と通信規格を合わせると報じたことも、株価が弱含む一因に なった。京セラ(6971)は2.7%安の8540円、電池のセル製造元であるNEC トーキン(6759)は3.6%安の188円。

駒井鉄工(5915):11%高の194円。31日付の日経産業新聞は、同社が 風力発電機の海外販売を始めると報じた。メキシコ南部太平洋岸に新設する研 究施設向けに、発電能力300キロワットの中型機の納入が決まり、09年3月 に現地に発送するという。

コカ・コーラウエストホールディングス(2579):6.5%高の2375円。原 料高による仕入れ値上昇が利益を圧迫すると懸念されてきたが、日本コカ・コ ーラから購入する原液価格は上昇しておらず、影響は同業他社と比較して小さ いとの見方が広がった。ゴールドマン・サックス証券は28日、投資判断を 「中立」から「買い」、目標株価を2400円から2700円に引き上げた。

不二越(6474):4.8%高の368円。午前10時30分過ぎに第1四半期 (07年12月-08年2月)業績を発表した。自動車や産業機械向け精密工具や 工作機械、高機能ベアリングなどが伸長し、連結営業利益は前年同期比24% 増の45億9600万円となった。

ヤクルト本社(2267):2.7%高の3090円。海外の乳酸菌飲料事業が好調 で、来期(09年3月期)利益への貢献が期待できると29日付の日経新聞が報 じた。これを受け、海外事業が順調に推移して国内市場の伸び悩みを補ってい くとの見方が広がった。

アンジェス・エムジー(4563):12%高の47万3000円とストップ高(制 限値幅いっぱいの上昇)。同社の企業価値を測る上で最重要視されてきたHG F遺伝子治療薬をめぐり、日本で末しょう性血管疾患治療薬として新薬の承認 が申請されたことが好感された。同領域では世界初の治療薬となる見通しで、 商業化による知名度向上や収益貢献などが期待された。

武田薬品工業(4502):1.2%安の5040円。一時2.8%安の4960円まで売 られ、21日以来の5000円割れ。肝機能障害などの副作用が懸念されていた高 脂血症治療薬「TAK-475」の開発中止を最終決断したと28日に公表し た。想定されていたとはいえ、有望新薬の開発プロジェクトが1つ消失したた め、ネガティブ視されたようだ。

東洋製缶(5901):1%安の1918円。子会社のリース資産の減損処理に伴 い、今期(08年3月期)の連結純利益予想を従来計画比27%減の40億円に修 正した。前期は49億5000万円だった。一方、売上高、営業利益、経常利益は 従来計画を据え置いた。

キリンホールディングス(2503):0.8%高の1855円。ゴールドマン・サ ックス証券は28日、投資判断を「中立」から「買い」、目標株価を2000円か ら2300円に引き上げた。

ふくおかフィナンシャルグループ(8354):1.7%高の529円。クレデ ィ・スイス証券は28日、投資判断を新規で「アウトパフォーム」とした。目 標株価は816円と設定。

カシオ計算機(6952):3.2%安の1496円。28日、子会社カシオマイクロ ニクスの赤字事業譲渡に伴い特別損失を計上するため、今期(08年3月期) の連結純利益予想を34%下方修正しており、収益水準の低下を受けた売りが 先行した。またカシオは、75%を保有するカシオマイを第三者割当増資と株式 交換で完全子会社化することも発表した。

パイオニア(6773):5.3%安の1010円。野村証券は31日、投資判断を 「中立」から「弱気」に引き下げた。

セイコーエプソン(6724):5.6%安の2685円。ゴールドマン・サックス 証券は28日、投資判断を「買い」から「中立」、目標株価を3200円から 3000円に引き下げた。

アロカ(7704):5.9%高の1313円。発行済み株式の6.59%に相当する自 己株200万株を消却する。消却予定日は4月10日。

一休(2450):7.7%高の7万300円とストップ高。30日発売の日経「ヴェ リタス」は高級宿泊予約サイトで急成長する同社のことを「ゴージャス一休の 倹約経営」と題して紹介、売上高経常利益率や社員1人あたり経常利益額が他 のIT(情報通信)関連ベンチャーより高いとした。

エヌ・ピー・シー(6255):0.4%安の5700円。一時は1.8%高の5820円ま で上げた。主力の太陽電池製造装置の需要が世界的に広がっており、期初に見 込んでいなかった受注案件を計上したほか、コスト削減努力により原価率が改 善したことから、今2月中間期の業績は従来計画を上振れたようだと前週末28 日に発表した。

日清紡(3105):3.6%高の932円と続伸。27日に、発行済み株式の5.21% にあたる1000万株を上限に自己株式を取得すると発表。取得期間は明日4月1 日から5月30日までとなっており、前週末28日に続いて買い主体の登場に伴う 需給改善を期待した買いが入っている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE