クレディS証の河野氏:日銀短観や10年入札に注目、生産は予想上回る

クレディ・スイス証券債券調査部長の河野 研郎氏は31日、ブルームバーグ テレビジョンとのインタビューで、債券相場の 見通しについて、以下のようにコメントした。

きょうの債券相場見通し:

「きょうは、月末でもあり、どちらかと言えば買い優勢か。米国債・株式の 動きをみながら高い方で寄り付くだろう。新年度に入れば、先週末にTIBOR (東京銀行間貸出金利)が下がったことや、日銀短観(企業短期経済観測調査) を確認しながら、どちらかというと金利低下がかかりやすい展開」

2月の鉱工業生産が前月比1.2%低下となり予想を上回ったことについて:

「予想対比で良い。3月、4月の予想指数をみても、一進一退というところ。 注目は、あすの日銀短観と10年債入札。生産は、予想より良かった数字なので、 上値を抑えるという感じ」

日銀短観3月調査について:

「短期的に買い材料になるかどうかは別にして、指標をみながら日銀が姿勢 を変えるかどうかが一番の注目。大幅悪化が見込まれているので、予想通りにな った時に相場が上昇するかというと、そうではないと思う」

新年度の債券相場見通し:

「3月に相場が動いて、利回り曲線が局所的にフラット(平たん)化や逆イ ールド化になったセクターがある。ボラティリティー(変動率)が低下するとと もにそういうところが支えられてくるのではないか。4年、6年、7年弱のとこ ろが長いところに対して買われることになるだろう」

今週の予想レンジ:

「今週は新発10年債利回りで1.20-1.30%程度、先物で140円00銭―141 円50銭程度を見込んでいる」

--共同取材:大塚美佳 Editor:Hidenori Yamanaka,Tetsuzo Ushiroyama

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ 東京 池田祐美 Yumi Ikeda +81-3-3201-2490 yikeda4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net 香港 Sandy Hendry +852-2977-6608 shendry@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE