「ラスベガスをぶっつぶせ」2370万ドルで初登場首位-北米映画興行収入

週末の北米映画興行収入ランキングで、ス リラー映画「ラスベガスをぶっつぶせ」(ソニー配給)が2370万ドル(約23 億6000万円)で、初登場首位となった。

調査会社メディア・バイ・ナンバーズの30日の発表によると、ラスベガス でブラックジャックをする学生について描いた同作品は、同じく初登場となった メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)配給の「スーパーヒーロー・ムー ビー(原題)」(951万ドル)を制してトップに立った。「スーパーヒーロー」 は「スパイダーマン」などのパロディー映画。2週連続で首位だった「ホート ン・ヒアーズ・ア・フー!(原題)」は1740万ドルとなり、2位に後退した。

ソニーは「ラスベガス」の興行成績に期待をかけている。同社は年初来から 23日までの興行収入が前年同期比48%減の1億8990万ドルにとどまっている (調査会社ボックス・オフィス・モジョ調べ)。ソニーに今年最大の興行収入を もたらした作品は政治物スリラー「バンテージ・ポイント」で、6930万ドル。

メディア・バイ・ナンバーズのポール・ダーガラベディアン社長は「ラスベ ガス」について「格好がいい作品だ」と語り、「ラスベガスのシーンはかなり興 奮させられる。大衆に受ける内容で、マーケティングも素晴らしい」と指摘した。

メディア・バイ・ナンバーズがまとめた興行収入上位10作品は以下の通り。 興行収入は28、29日の実績および30日の推定値の合計。

*T 作品名 興行収入 劇場数 週 劇場平均 変化率 興行収入合計

(百万ドル) 収入(ドル)(%)(百万ドル)

1. 21 $23.7 2,648 1 $8,950 -- $23.7

2. Horton Hears a Who 17.4 3,826 3 4,554 -29 117.3

3. Superhero Movie 9.51 2,960 1 3,213 -- 9.5

4. Meet the Browns 7.76 2,016 2 3,849 -61 32.8

5. Drillbit Taylor 5.8 3,061 2 1,895 -44 20.6

6. Shutter 5.33 2,756 2 1,932 -49 19.1

7. 10,000 BC 4.88 3,055 4 1,597 -45 84.9

8. Stop-Loss 4.53 1,291 1 3,505 -- 4.5

9. College Road Trip 3.5 2,270 4 1,544 -25 38.4

10. The Bank Job 2.8 1,605 4 1,745 -33 24.1

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE