エルピーダ:パソコン用メモリー20%値上げへ-市況底打ちと判断(2)

DRAMメーカー国内最大手、エルピーダ メモリの坂本幸雄最高経営責任者(CEO)は、パソコン(PC)メーカーとの 相対取引交渉で4月からDRAMの20%値上げを求める方針を明らかにした。 1年以上続いたメモリー不況は需要回復で底を打ったと判断した。値上げが実現 すれば他メーカーに影響する可能性もある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。