スイスのUBS:1-3月に110億ドルの評価損、通期赤字か-メリル

メリルリンチは31日、スイス最大の銀行U BSが2008年1-3月(第1四半期)にさらに110億ドル(約1兆1000億 円)の評価損を計上する見込みで、08年通期が赤字となるとの見方を示した。

メリルはまた、同国銀行2位のクレディ・スイス・グループの08年通期1 株利益予想も13%引き下げた。

デレク・ドブリー氏らメリルのアナリストは31日付のリポートで、「第1 四半期決算ではさらに一連の評価損が明らかになり業績は予想を下回るだろう」 と予想。「スイスの銀行はオルトA住宅ローンやサブプライム(信用力の低い個 人向け)住宅ローン、レバレッジド融資、商業用不動産融資など関連の資産で一 段の評価額引き下げが必要とみられる」と指摘した。

メリルはUBSの09年1株利益予想も6%引き下げた。クレディ・スイス の09年予想は4%下方修正した。

クレディ・スイスは既に第1四半期赤字の見通しを明らかにしている。メリ ルは同社の第1四半期評価損を27億ドルと見積もり、2億スイス・フラン(約 200億円)の赤字と予想している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE